明倫国際法律事務所 Meilin International Law Firm

【中国】 社会保険につきブラックリスト制度を構築



   2018年10月、人力社会保障部が「社会保険分野における著しく信用喪失ブラックリスク管理暫定規定(意見徴収版)」を作成公表し、意見公募を行った。


   それに基づき、下記6つの状況に該当する場合は社会保障ブラックリスクに記載される。
 1.雇用主が法規に従い社会保障に加入せずかつ是正を拒むこと
 2.詐欺、偽造した証明資料またはその他の手段を用いて社会保険に加入し、保険金を詐取したこと
 3.社会保険個人権益の関連データを違法に取得、販売または取引したこと
 4.社会保険サービス機関がサービス協定または関連規定に違反しかつ是正を拒むこと
 5.償還義務を負う雇用主及び法定代表者または第三者が、社会保険基金が立替て支給した労災保険金を償還しないこと
 6.法律、行政規定が定めるその他の場合

 

   前記行為に該当し、ブラックリストに記載された場合、かかる情報は所在地及び全国の信用情報共有プラットフォームにおいても共有され、生産許可、資格審査、融資、税収優遇策等の面で不利益を被ることになる。

 

(2018.12.12up)