明倫国際法律事務所 Meilin International Law Firm

【中国】商標法改正  (2019.12.1up)



「中華人民共和国商標法」が2019年4月23日改正され、同年11月1日に施行された。主な改正点は以下のとおりである。

 

改正点1:使用義務の追加
第4条1項に「使用を目的としない悪意による商標登録出願を却下する」という点が追加された。

 

改正点2:商標代理機構の義務を強調
 第19条3項は「商標代理機構は依頼者による登録申請が本法第4条、第15条及び第32条に定めるものに該当すると知り又は知りうる場合、これを受任することができない」と修正され、商標代理機構の義務が強調された。

 

改正点3:異議、無効事由の追加
 使用を目的としない商標登録出願(第4条)、商標代理機構が法に反し登録申請を受任もしくは申請を行ったことを異議申立て理由又は無効宣告事由に追加した。

 

改正点4:違法な代理行為への処罰
 第4条、第19条の修正に伴い、代理機構による違法な代理行為への処罰を明文化された。

 

改正点5:商標権侵害の処理
 第63条の修正で、商標権侵害の罰金額を引き上げたほか、商標権侵害に係る偽造商品及び偽造商品の製造のために使用する器具等につき、権利者の申請に基づき、廃棄処分を命じることができるようになった。

 

以上のように、今回の改正は主に、商標登録申請時に「使用」条件が求められるほか、商標権の保護が強化されている。

 

 

 (2019.12.1up)