【インド】2020年インド破産・倒産法第2改正 (2020.12.1up)



 2020年6月5日、インド破産・倒産法の第2改正法が施行された。これは、2020年3月25日以降の6か月間(最長1年間)、当該期間に発生した債務不履行に基づく新規の破産開始手続きの申立ての受付を停止するものである(改正第10A条)。本改正は、新型コロナウイルスの影響をうけたインド企業を保護し、免責することを目的としている。

 インド国内で新型コロナウイルス感染者の増加が続く中、インド政府は2020年9月25日、当該破産申立て停止期間を更に3か月間延長し、2020年12月末までを停止期間とする旨の追加通知を行った。

 

(2020.12.1up)