【ベトナム】新型コロナウイルスに関するベトナム入国についての動向  (2020.3.18up)



1.ベトナム政府電子情報ポータルによると、2020年3月17日、新型コロナウイルスに関し、以下のとおり首相府通知(第102号/TB-VPCP)が発出された。

 

・2020年03月18日00時から30日間、ベトナムに入国する者に対する査証発給を停止する。

 

・2020年03月18日00時から、査証免除の者、ベトナム系の人や親族訪問者に対する査証免除書の保有者、その他特別なケース(専門家、企業管理者、高技能労働者等)について、在住国の権限ある機関が発行する新型コロナウイルス感染症の陽性でないとする証明書をもち、かつ、その証明書に対するベトナム政府による承認がなければ、ベトナムへ入国することができない。上記の措置は、外交又は公用目的で入国する者には適用されない。

 

・ベトナムに入国する者は、規定に沿って、検査を受け、適切な感染対策措置を遵守しなければならない。

 

・現在集中隔離になっているケースに加えて、アメリカ、ヨーロッパ各国及びASEAN各国からベトナムへ入国する者も集中隔離の適用対象になっている。また、集中隔離の適用対象ではない者に対して、自宅、企業、宿泊施設での隔離措置、医療監督および集団監督の措置を実施する。

 


2.在ベトナム日本国大使館は、3月18日午後現在、上記1.について、以下の情報を提供している。

 

(1)ベトナム外務省による説明

 

・ベトナムの滞在許可証や労働許可証(ワークパーミット)を持っている外国人(日本人を含む。)も、ベトナムに入国するには、新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書が必要である。

 

・ベトナムのパスポートを保有している者も、日本からベトナムへ入る際は、陰性であることの証明書が必要である。

 

・当該証明書の要件や、ベトナム政府及び空港での確認手続に関する詳細については、3月18日午後現在、まだ具体的な指示がない。同日行われる会議で明らかになる見込みである。

 


(2)ベトナム出入国管理局による説明


・在留邦人の査証の更新については,身元保証がしっかりしていれば、基本的には認める。

 

 

(3)ベトナムへの渡航を予定している方は、取りやめを検討するなど十分に注意すること。当該証明書の要件については、判明次第情報提供する。

 

 


3.日本の厚生労働省への当事務所からの照会によると、3月18日午後現在、上記証明書は存在しないため、今後検討する予定であるとのこと。

 

 

(2020.3.18up)