【中国】北京金融法院(裁判所)の設立 (2021.4.1up)



 国家金融戦略の実施を保障し、金融の安全を守り、金融司法の保護を強化し、良好な金融法治環境を構築することで、経済の健全な発展を促進するため、2021年3月18日、北京金融法院は正式に北京で設立された。


 北京金融法院の管轄範囲は、以下のとおりである。
(1) 北京市中級人民法院が管轄すべき第一審金融民商事案件
(2) 北京市中級人民法院が管轄すべき金融監督管理機関を被告とする第一審金融関連行政案件
(3) 住所が北京にある金融インフラ設備機関を被告若しくは第三者とし、その職務履行関連の第一審金融民商事案件及び金融関連行政案件
(4) 北京市基礎人民法院第一審金融民商事案件及び金融関連行政案件判決、決定に対する控訴案件及び再審案件
(5) 法律で規定されている執行案件
(6) 最高人民法院がその管轄を指定するその他の金融案件

 

 北京金融法院が設立された当日に、ある資産管理有限公司が、銀行股份有限公司、会計士事務所、資産評価有限公司、法律事務所に対し、証券に関する虚偽陳述による責任を追及するため提訴した。原告は、オンラインで訴状を提出し、受理され、北京金融法院が受理した最初の案件となった。

 

 

(2021.4.1up)