明倫国際法律事務所 Meilin International Law Firm

2月18日 [上海開催] 【知財セミナー「中国市場で利益を出すための知的財産権活用術」】のご報告 《田中雅敏弁護士》



~市場拡大、着実な事業運営のための知財活用事例から、中国からの利益回収のための実践モデル構築方法まで~

 

中国における知的財産権の制度や運用、環境は、この数年で激変しています。かつては、日本企業にとっては「模倣対策」が中心だった中国の知的財産権は、現在では、これを「活用」してより大きな利益に結び付ける収益要因となっています。また、一方で、中国企業の商標権や特許権を侵害しているとして、日本企業が訴えらえるケースも増えており、事業防衛の観点からも、知的財産に関する取り組みを見直す必要が生じています。

その他、サイバーセキュリティ法に関連して、顧客データなどをどこのサーバに、どのように保管すればよいのかといった点についても、再検討が必要な時期に来ています。

本セミナーでは、これらの中国知的財産権を取り巻く最新の状況や事例をご紹介するとともに、中国に対してノウハウ、サービスを提供した場合、如何にして利益を回収するするか。その場合、どの様な税務リスクが発生し、それをどう回避するかのポイントを、法律面だけでなく、実務を踏まえて具体的に解説するセミナーを実施しました。

 

【日時・会場】
 2019年2月18日(月) 14:00~15:40
 上海市長寧区仙露路333号東方維京16階
 セミナールーム(大会議室)

 

【講師】
 弁護士 田中雅敏
 上海大邦法律事務所 中国律師 倪挺剛
 水野コンサルタンシーHD(上海) 代表 水野真澄

 

【定員】
 参加:30名

 

・主催:
 日本明倫国際法律事務所
 上海大邦法律事務所
 水野コンサルタンシーホールディングス(上海)