明倫国際法律事務所 Meilin International Law Firm

2月7日 【スタートアップが作るべき「会社」の種類と、発行すべき「株式」とは?】セミナー



~起業する際に知っておくべき、「会社」の作り方と「株式」の発行の仕方、

          ストックオプションについてなどの知識とノウハウ~


事業のアイデアをめぐらし、事業の組み立てを考え、事業計画を策定する段階では、まだ個人事業主として進めていく方も多いと思います。
さてその次の段階として、その事業が製品の試作段階やサービスの試行段階に差し掛かった時、どうすべきなのでしょうか。
そのまま個人事業主として進めていくという選択肢もあるでしょうし、何らかの会社、組織を立ち上げるという選択肢も考えられます。
会社を立ち上げるという選択をした場合、どのような種類の会社を選択すべきなのでしょうか。
また、株式会社を選択した場合にも、さまざまな種類株を活用することで、その後の事業戦略や資本政策が異なってきます。
これらの選択を誤ると、スタートアップの皆さんが、最初に考えていた「出口」にたどり着けなくなることが考えられますし、また、思い描いていた事業の成長・拡大を達成できない原因にもなり得ます。
本セミナーでは、事業の成長に役立つ、スタートアップ経営の仕組みと会社形態、株式の種類と活用方法について分かりやすく解説します。

 

【日時】
 2020/2/7(金) 18:00~19:00 (17:30 受付開始)

 

【会場】
 Fukuoka Growth Next 2F サブイベントスペース
 (福岡市中央区大名2丁目6番11号 ※旧・大名小学校)

 

【プログラム】
  ①「会社の種類と具体的設立方法について」
   弁護士 池辺健太 
 ②「将来の資金調達や社内管理で失敗しない種類株の活用」
   弁護士 田中雅敏

 

【参加費】
 無料 ※事前にお申し込み下さい

 

【定員】
 約30名

 

【主催】
 明倫国際法律事務所, (株) 明倫国際経済研究所,

   Fukuoka Growth Next運営事務局

 

<お問い合わせ先>
 明倫国際法律事務所 (担当:三村 )
 092-736-1550
 seminar@meilin-law.jp