明倫国際法律事務所 Meilin International Law Firm

《延期》【共同研究/共同事業に関する契約の注意点】セミナーのご案内 《田中雅敏弁護士・高崎慎太郎弁護士》



※本セミナーは延期になりました※

※開催日が決まりましたら、改めてお知らせいたします※

 

~誰かと「共同で事業を進める」場合の注意点。

 事業を確実に成長させるための、「正しいパートナーシップのあり方とは~

 
スタートアップでは、シーズやコア技術が自社にあるものの、研究開発施設や量産化施設、資金力などがないため、他の企業等と協力して共同で事業や開発を進めることがあります。
ところがスタートアップでは、「共同で何かを作る」=「共同研究・開発」だと思い込むと痛い目を見ることになります。安易に共同開発契約を締結して、本来自社に帰属するはずの知的財産権などを、先方と共有としてしまい、事業そのものが維持でいなくなったという例もあります。
また、共同研究や共同事業に関するスキーム設定を誤ると、その後せっかくビジネスが成長したときに、大きなトラブルとなって事業継続が不可能になることもあります。
本セミナーでは、共同研究や共同事業など、他の企業と一緒に何かを進めていくといった場合に役立つ、さまざまな契約類型とその違い、具体的な内容等について、事例を交えながら分かりやすくご説明します。

 

【日時】
 2020/3/10(火) 18:00~19:00 (17:30 受付開始)

 

【会場】
 Fukuoka Growth Next 2F サブイベントスペース
 (福岡市中央区大名2丁目6番11号 ※旧・大名小学校)

 

【プログラム】
 ①「他の事業者と『組む』ときの『組み方』と、類型ごとの注意点」
   [弁護士 田中 雅敏]
 ②「共同研究/開発契約の具体的な内容について」
  [弁護士 髙崎 慎太郎]

 

【参加費】
 無料 ※事前にお申し込み下さい

 

【定員】
 約30名

 

【主催】
 明倫国際法律事務所, (株) 明倫国際経済研究所, Fukuoka Growth Next

 

<お問い合わせ先>
 明倫国際法律事務所 (担当:三村 )
 092-736-1550
 seminar@meilin-law.jp